ポータブルビデオゲームの利点

モバイルモニター
モバイルディスプレイ 無線接続

Kiperlineモバイルモニターは、USBケーブルを介してPCまたはラップトップに接続できる小型の隠しビデオカメラです。これは、追加のハードウェアを必要とせずに、ゲームの映像を携帯電話からコンピューターに直接転送できることを意味します。高解像度ビデオカメラには、品質を損なうことなくゲーム内の映像をキャプチャできるなど、多くの利点があります。 PCには、プレイしているゲームのみが表示されるため、他の何かを記録する場合は、デバイスをドッキングステーションから取り出して、コンピューターに接続する必要があります。

ただし、フッテージをコンピューターに直接記録することに熱心でない場合は、他のオプションを利用できます。 Kiperlineは、PCまたはラップトップをデバイスのリモートコントロールとして使用できるようにするアプリケーションも提供します。この機能を使用すると、ゲームの統計情報にすばやくアクセスしたり、ライブマッチを表示したり、他のユーザーがゲームで行っていることを確認したり、映像を編集したりできます。

Kiperlineモバイルモニターは、モニターに組み込まれた高速、低電力の赤外線カメラを備えています。赤外線モーションディテクターを使用して動きを検出します。これは、カメラが人やペットなどの動く物体を追跡することを意味します。たとえば、Xboxをプレイしている場合、デバイスは体の動きを検出して記録します。このデータはゲーム画面に表示されます。

モニターでイベントを表示するには、デバイスをランドスケープモードで表示する必要があります。モニターをポートレートモードで表示すると、アクションはモニターに表示されません。モニターは、画面上で発生しているイベントを表示するためだけのものであり、それらを記録するためのものではありません。ただし、ゲームプレイを記録したい場合は、メインメニューの[記録]オプションを選択するだけで、デバイスをビデオモードに切り替えることができます。

ゲームプレイの記録はすばやく簡単です。ゲームキャプチャをコンピュータに転送するために特別なソフトウェアを使用する必要はありません。デバイスには、キャプチャしたゲームを保存する内部メモリもあるため、ファイルを別のコンピュータに保存しても、必要なときにすぐに読み込まれます。

Kiperlineモバイルモニターは、ビデオゲームを愛する人にとって理想的です。プレイしたいゲームを手に入れるのに長い間待つ必要はありません。ゲームをプレイしたいときは、KiperlineのWebサイトからデバイスにダウンロードするだけです。その後、プレイを開始できます。このデバイスは、Microsoft WindowsMo​​bileのほとんどのバージョンと互換性があります。一部のバージョンのWindowsMo​​bileでは、デバイスにUSBカードリーダーも装備されている必要があります。

付属のUSBカードリーダーを使用すると、リーダーをコンピューターに接続して、デバイス上のファイルにアクセスできます。ただし、Kiperline Mobile Monitorにはカメラが内蔵されているため、違法なキャプチャや資産の悪用の可能性があります。使用しているデバイスがビデオゲームデバイスとしての使用を禁止されていないことを常に確認する必要があります。これにより、モバイルモニターでのあらゆる種類の保証が無効になる可能性があります。

このモニターが持つ多くの優れた機能に加えて、それはまたそれを非常に使いやすくします。あなたが使用するためのデバイスに含まれている多くのチュートリアルがあります。いくつかのゲームサンプルを表示し、カメラをズームおよび移動して最適なショットを見つける方法を学ぶことができます。ゲームを十分に楽しむために本当に必要なことは、一度セットアップしてから、いつでもオンにすることだけです。
15.03.2021 10:16:29
schulzbglmorin

Maecenas aliquet accumsan

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit. Class aptent taciti sociosqu ad litora torquent per conubia nostra, per inceptos hymenaeos. Etiam dictum tincidunt diam. Aliquam id dolor. Suspendisse sagittis ultrices augue. Maecenas fermentum, sem in pharetra pellentesque, velit turpis volutpat ante, in pharetra metus odio a lectus. Maecenas aliquet
Name
Email
Comment
Or visit this link or this one